DTMと作曲の学校:【世界標準の作曲法】【DTM/Mix/歌詞/Finale等も学習可】【学費月々3万円台〜】【東京校|大阪校】【週1講義】【社会人90%】【女性40%以上】

荒木講師セミナー「世界ヒットの法則&ヒット曲の作り方」レポート!

352 views
  2015/03/11
  • 荒木講師セミナー「世界ヒットの法則&ヒット曲の作り方」レポート!

    まいど!タカ兄です。


    早いものでもう3月ですね。 春は別れの季節。 何でしょう、大人になると春というだけで涙が出ますね。
    えぇ。花粉ですね。
    さて、3月といえばJBG音楽院の春セミナー! 第1弾は荒木講師。
    テーマは 「世界ヒットの法則&ヒット曲の作り方」
    良い曲を作るには、良い曲(名曲)を知ろう。 そして「世界でヒットした曲の仕組み」=「万人に愛される曲の仕組み」を理解しよう。 そんな荒木講師の思いから、このテーマが決まりました。
    実際に取り上げた楽曲は マイケル・ジャクソンの「Thriller」、そしてレディー・ガガの「Born This Way」。 驚異のセールスを記録した、まさに「新旧世界ヒット」です!
    セミナーはまずマイケル・ジャクソンから。
    この曲が生まれた背景や 当時の音楽シーンについて解説。
    13-1
    (満員御礼でした。ありがとうございます。)
    MTVの出現により 音楽が発信されるメディアが ラジオからTVに変わりました。 マイケルはその変化の時代を生きたアーティストのひとりです。 ではここで、実際の映像を観てみましょう。 13-2
    うん。若い!
    13-3
    アップ!
    13-4
    荒木講師も思わずウットリですね。
    今回も秋冬のワークショップ同様 荒木講師の超絶採譜による特製譜面が 参加者に配布されました。 その数なんと20枚!!
    13-5
    前日の仕込み中、 止まらないプリンターに 印刷部数を間違えたのかと、 思わず一時停止を押しました。 配布された譜面と歌詞カードを見ながら ヒット曲の法則を紐解いていきます。
    13-6
    解析していくとやはり発見があるものです。
    たとえば
    「Chorus(サビ)の歌詞にタイトルが何度も!」
    さらには
    「使ってるコード少なっ!」
    世界的なヒット曲は 意外にも(?)シンプルな作りでした。 楽曲のアレンジにも耳を傾けてみると 「ホーンセクションはシングルでオクターブ・ユニゾン」 という、やはりシンプルな構成。 かと思えば、 「ルートメロディに対して マイケル自身のコーラスで効果的な和声を作る」 といったニクい演出もありました。 参加者のみなさんもこのような発見の連続に とても満足してくれたようです!
    さぁ、つづいてはレディー・ガガです! ここで荒木講師から印象的な感想が。
    「この曲(Born This Way)は 昼間のカフェでも、夜のバーでも、若者が集まるレストランでも、 トレーニングジムでも、ランニングしながらでも、 どんなシーンでも聴かれることを想定していますね」
    おそるべし、世界ヒット曲。 そして秋冬のワークショップでも語られた 『シンプルなメロディに、インテリジェントなハーモニー』 Born This Wayにも同じことが言えそうです。
    13-7
    もうひとつ、耳に自信のある方はおわかりかもしれませんが この曲のメロディには少しだけブルースのエッセンスが入っています。 ここでポイントなのは 「少しだけ」そのエッセンスが入っていることです。 洋楽シーンにおいて、ブルースそのままでは ポップ・ソングが古臭い印象を与えてしまうようですので ご注意ください!
    さて、今回のセミナー詳細ページにも告知されておりました 「嵐」 の楽曲について。 これに関する荒木講師のお話も少しお伝えしましょう。
    まず、数あるジャ○ーズ事務所所属のグループの中で 嵐は「CDセールス戦略中心のグループ」といえます。 それこそ年間ランキングなどを見れば明らかですが、 毎リリースごとに 固定ファンによる安定的なセールスを記録します。
    となると、何が起こるか。
    自分の楽曲を採用してほしいという思いで たくさんの作曲家がコンペに応募します。 ところが、これだけ売れるアーティストとなると 話は日本国内で終わりません。 なぜなら海外のソングライターやアーティストから見ると 日本はCDが売れる魅力的な市場だからです。 それゆえ、この市場を占有するアーティストの楽曲提供を目指し 海外の制作チームがコンペに参入しています。 そして彼らは、すでに実績を出しています。
    JBG音楽院ではプロのコンペ作家を目指す生徒が少なくありません。 この話はそんな彼らに対する、荒木講師からの 「どうせやるなら、1番てっぺんを目指そうよ! 日本の音楽のことだけじゃなくて、 この海外チームの連中が学んできた音楽や身につけている感覚を みんなも学ばなきゃ! 勝てっこないんだよ! 当然、コンペを勝ち抜く日本人もみんな この世界の感覚を身につけているんだよ!!!!!」 という強烈なメッセージでした。
    いま、ドキっとしたあなた。 大丈夫です。荒木講師がその不安を払拭してみせます。
    今回のセミナーの内容に特化した新講座 『世界ヒット曲の法則コース』 が開講します。
    サウンドクリエイト科のコース紹介
    https://www.jbg-ongakuin.com/soundcreate/


    マイケル・ジャクソンやレディー・ガガに匹敵する 世界的なアーティストを取り上げ 徹底的に分析します! 今回のセミナーに来れなかった方も 入学説明会でそのカリキュラムを少し体験してみてください。
    入学説明会は下記日程で行います。
    ・3月14日 (土) 15:30-17:30
    ・3月22日 (日) 15:30-17:30
    入学説明会のお申し込み
    https://www.jbg-ongakuin.com/soundcreate/form/explanation/


    (最後が宣伝になってしまった・・・)

    352 views

このブログを書いた人

  • product

    タカ兄(JBG音楽院ラーニングコーディネーター)

    大阪府出身。大阪芸術大学音楽学科卒、某楽器店販売員、脱サラバンドマンを経て、現職。JBG音楽院東京校と大阪校にて、標準語と関西弁を使い分けるバイリンガル。入学希望者への対応や日々の授業準備、講師陣の取りまとめから在校生のフォロー(たまに恋愛相談にも対応)までこなす、みんなの兄貴。自身がリーダーを務めていたバンド時代は、12歳から始めたドラムに加え、作詞作曲、プログラミングを担当。中学・高等学校音楽科教員免許所有。

 お勧めコンテンツ/リンク

ニュースレター登録

JBG音楽院で開催される「DTM作曲の特別セミナー」や「入学説明会の受付開始」など各種告知、お得な割引情報や優先受付のご案内、音楽トピックスなど耳寄り情報をお届けするニュースレターを配信いたします。
お名前と配信を希望するメールアドレスをご記入の上、「登録する」ボタンをクリックしてください。
mautic is open source marketing automation