DTMと作曲の学校:【世界標準の作曲法】【DTM/Mix/歌詞/Finale等も学習可】【学費月々3万円台〜】【東京校|大阪校】【週1講義】【社会人90%】【女性40%以上】

侘美講師「オーケストレーション」の最新著書!

499 views
  2017/06/12 タグ: ,
  • 侘美講師「オーケストレーション」の最新著書!

    まいど!タカ兄です。


    侘美講師の著書といえば、昨年末に発売された「できる ゼロからはじめる楽譜&リズムの読み方超入門」が、Twitterでバズを起こしたことが記憶に新しいですが、何と早くも新刊をリリースされました!


    今回のテーマは「オーケストレーション」です。



    具体例を耳で確認しながら学べる一冊

    Processed with VSCO with hb1 preset

    侘美講師の新刊「3つのケーススタディでよくわかるオーケストレーション技法 トランスクライビングからアレンジまで」では、このタイトルどおり3つの例を挙げて、オーケストレーションで求められるテクニックが紹介されています。


    下記がその3つの例です。



    ケース1:エリック・サティのピアノ曲「ジュ・トゥ・ヴー」を弦楽四重奏、木管四重奏、金管五重奏、室内アンサンブルの各編成の作品に仕立て直す

    ケース2:唱歌「紅葉」をオーケストラ作品に仕立て直す

    ケース3:コード進行(カノン進行)だけが決まっている状態からオーケストラ作品として仕上げる


    しかも本書は、MP3音源でオーケストレーションを「耳で確認しながら」学べる、とても実用的な一冊となっています。

    「オーケストレーション」というと、とてもむずかしいものをイメージしてしまいますが、この本ならとても楽しく学ぶことができそうですね!



    じつはJBG音楽院のセミナーが・・・

    上記のケース3「コード進行(カノン進行)だけが決まっている状態からオーケストラ作品として仕上げる」を見て、思ったことがあります。









    「過去にそんなセミナーをやった気がします!」


    そうなんです。

    2年ほど前、侘美講師のJBG音楽院デビューイベントとして企画したセミナーのタイトルが、 「カノン進行で学ぶオーケストラアレンジのコツ」 でした。



    7-1

    レポート記事もあります。


    侘美講師いわく、セミナーでは小さいオーケストラを想定したものだったそうですが、今回はそれがさらにパワーアップし、2管編成のフルオーケストラになっているそうです!

    これは、セミナーに参加した人も購入必須ですね。



    大阪校で侘美講師セミナー開催中です

    さぁ、そんな我らが侘美師匠ですが、今月から大阪校にて「夏のスキルアップセミナー」を開催中です。


    6月分は終了してしまいましたが、7月の《DTM編》、8月の《ミックス編》は、まだ参加受付中です。

    侘美講師に直接レクチャーしてもらえる、スキルアップ間違いなしのセミナー、ぜひご参加ください!


    今回のセミナーが、また侘美講師の新刊につながるかも!?


    大阪校夏のスキルアップセミナーの詳細

    499 views

このブログを書いた人

  • product

    タカ兄(JBG音楽院ラーニングコーディネーター)

    大阪府出身。大阪芸術大学音楽学科卒、某楽器店販売員、脱サラバンドマンを経て、現職。JBG音楽院東京校と大阪校にて、標準語と関西弁を使い分けるバイリンガル。入学希望者への対応や日々の授業準備、講師陣の取りまとめから在校生のフォロー(たまに恋愛相談にも対応)までこなす、みんなの兄貴。自身がリーダーを務めていたバンド時代は、12歳から始めたドラムに加え、作詞作曲、プログラミングを担当。中学・高等学校音楽科教員免許所有。

 お勧めコンテンツ/リンク

ニュースレター登録

JBG音楽院で開催される「DTM作曲の特別セミナー」や「入学説明会の受付開始」など各種告知、お得な割引情報や優先受付のご案内、音楽トピックスなど耳寄り情報をお届けするニュースレターを配信いたします。
お名前と配信を希望するメールアドレスをご記入の上、「登録する」ボタンをクリックしてください。
mautic is open source marketing automation