DTMと作曲の学校:【世界標準の作曲法】【DTM/Mix/歌詞/Finale等も学習可】【学費月々3万円台〜】【東京校|大阪校】【週1講義】【社会人90%】【女性40%以上】

スタジオ実習レポート#2〜DTMスクールも青春やん。

289 views
  2016/07/26 タグ: ,
  • スタジオ実習レポート#2〜DTMスクールも青春やん。

    まいど!タカ兄です。


    先日のレポートに続き、本日は「レコーディングスタジオ実習」土曜クラスのレポートをお届けです。

    土曜クラスには、Len講師が駆けつけてくれました。


    これはボーカルのレコーディングにも期待ができます!



    腹が減ってはRecはできぬ

    前回のスープカレーにつづき、今回スタジオのチーフエンジニアichiroさんが我々を案内してくださったのは、「湘南国際村」という施設です。



    写真 2016-07-02 13 02 25

    その中にある「子安の里 まりん」というカフェレストランに連れて来ていただきました。



    写真 2016-07-02 12 36 49

    どーん!しらすとまぐろのあわせ丼!

    この地域ならではですよね。たいへん美味しゅうございました。


    スタジオ前に少し寄り道です。



    写真 2016-07-02 13 08 53

    細い道を進むと、突如お堂が現れました。



    写真 2016-07-02 13 07 23

    「関根御滝不動尊」といい、ここにある湧き水が地元ではたいへん有名なんだそうです。

    胃病に効くということで、ペットボトルやタンクに入れて持ち帰る人もたくさんいるそうですよ。



    写真 2016-07-02 13 09 02

    荒木講師とLen講師、揃ってお参り。


    「今日のみんなのレコーディングが成功しますように」

    「みんなの作曲とDTMの実力が今よりもっと上がりますように」


    そんな心の声が聞こえてくる(・・・はずです)ようですね。


    さぁ、スタジオに向かいましょう!



    土曜クラスもレコーディング!

    まずは実習冒頭、前回と同じくichiroさんがマイクの解説と聴き比べをさせてくれました。



    P1270276

    みなさん真剣に聴き入っています。


    マイクチェックに協力してくれたLen講師いわく

    「ヘッドホンから返ってくる自分の声がものすごく聴きやすい!」

    ということです。


    プロのボーカリストをも唸らせる、プレミアエンジニアリングの機材と、ichiroさんの実力がキラリと光ります。


    それではいよいよ土曜クラスのレコーディング、スタートです!



    一人目:高校生Nくん「ベース・レコーディング」

    荒木講師の秘蔵っ子(!?)、最年少のNくんの楽曲から。

    演奏してくれるベーシストは、もちろん荒木講師です!



    P1270303

    荒木講師の愛器「F-bass」の特注モデル。トップのスポルテッド・メイプルがcoolですね!



    P1270279

    Nくんが用意したリードシートを見ながら、レコーディングが進んでいきます。



    P1270286

    こちらは荒木講師の足元。ベースのエフェクターたちです。

    Markbassのブースター、aguilarのコンプ、EBSのコーラスと、それぞれブランドが違うところにも、こだわりが感じられますね。


    コードを見ながら演奏していく荒木講師から、数ヶ所誤りの指摘も入りましたが、Nくんの楽曲が無事終了です!



    二人目:Mさん「ボーカル・レコーディング」

    つづいては、ボーカリストとしての活動経験があるMさんのレコーディングです。

    授業で作詞作曲した楽曲をご自身で歌います。



    P1270313

    他のメンバーが見守る中、荒木講師のディレクションでレコーディングが進みます。



    P1270309

    コンソールルームからはボーカルブースの様子が見えませんが、このとおりがんばって歌っている模様です。

    リズムを取りながら小刻みに身体を揺らすMさんはこの日、みんなから「ア◯コ姉さん」と呼ばれていました(笑)



    P1270312

    レコーディングを進めながら、エンジニアの須藤さんがトラックボールとテンキーを駆使して、ハイスピードでトラックを整えていきます。


    ここで荒木講師のリクエストに応えて、Len講師が急遽コーラスで参加してくれました!

    Mさんのパワフルな歌声に、Len講師のシルキーな歌声が重なることで、楽曲の世界観がさらに華やかになります。

    (っつーか、やっぱプロのボーカリストって歌ウマイなぁ。。。)


    Mさんも無事終了!お疲れさまでした!



    三人目:Tさん「ギター・レコーディング」

    本日のトリは、いつも優しいクラスのムードメーカーTさんです。


    Tさんの楽曲には、アコースティック・ギターのプレイヤーとして、荒木講師の教え子で、いつもセミナーや特別講座にも参加してくれるKさんが参加してくれました。

    Kさん、まいどおおきに!



    P1270315

    Kさんの愛器であるGibsonのボディー鳴りを狙うように、マイクがセッティングされます。

    (ちょっと暗くてゴメンナサイ!)


    アコギの録音が始まりました。

    荒木講師のアドバイスで数トラック、さらにはその場のアイデアでハモリのトラックも追加されました。


    今回も、レコーディングの現場ではたくさんアイデアが飛び交います!


    自分のDTMデータが、スタジオで本物のギターの音に変わっていく様子に、Tさんも感動の様子!

    Kさんのご協力で、Tさん楽曲のレコーディングも滞りなく終了しました。


    これにてオールアップ!お疲れさまでした!



    みんなで海を見に行ったよ

    歌の録音をしたMさんのボーカルトラックを、melodyneでピッチ補正までしていただけるということで、しばし待ち時間。


    ichiroさんのおすすめで、坂を下って、みんなで海に行きました!



    P1270327

    いい画ですね〜



    P1270331

    着いた〜



    P1270336

    青春かて。



    P1270346

    遊んでます。

    青春かて。



    0803

    みんなで石投げ。

    いや、だから青春k(略)



    P1270209

    ということで、2日間に渡って行われたレコーディングスタジオ実習。

    JBG音楽院では、このような一流スタジオの一流の環境の中、(しかもちょっとした遠足気分で)自作曲のレコーディングを体験することができます。

    DTMでの宅録、ましてや「普段はヘッドホンだけ」というような環境では、絶対に得られない貴重な体験です。


    今回レコーディングスタジオ実習に参加した生徒のみなさんにも、DTMの操作だけでは得られない音楽をプレイする素晴らしさ、そして自分が作った楽曲を録音し、形にするために、様々な人たちが関わってくれることを実感していただけたようです。



    また次回のレコーディング実習を楽しみにしています!


    P1270339

    289 views

このブログを書いた人

  • product

    タカ兄(JBG音楽院ラーニングコーディネーター)

    大阪府出身。大阪芸術大学音楽学科卒、某楽器店販売員、脱サラバンドマンを経て、現職。JBG音楽院東京校と大阪校にて、標準語と関西弁を使い分けるバイリンガル。入学希望者への対応や日々の授業準備、講師陣の取りまとめから在校生のフォロー(たまに恋愛相談にも対応)までこなす、みんなの兄貴。自身がリーダーを務めていたバンド時代は、12歳から始めたドラムに加え、作詞作曲、プログラミングを担当。中学・高等学校音楽科教員免許所有。

 お勧めコンテンツ/リンク

ニュースレター登録

JBG音楽院で開催される「DTM作曲の特別セミナー」や「入学説明会の受付開始」など各種告知、お得な割引情報や優先受付のご案内、音楽トピックスなど耳寄り情報をお届けするニュースレターを配信いたします。
お名前と配信を希望するメールアドレスをご記入の上、「登録する」ボタンをクリックしてください。
mautic is open source marketing automation