DTMと作曲の学校:【世界標準の作曲法】【DTM/Mix/歌詞/Finale等も学習可】【学費月々3万円台〜】【東京校|大阪校】【週1講義】【社会人90%】【女性40%以上】

『イヤトレ超基礎講座』も開講!初回レポート!

85 views
  2014/11/19
  • 『イヤトレ超基礎講座』も開講!初回レポート!

    まいど!タカ兄です。

    先日の『須田塾』に続き、『イヤトレ超基礎講座』もついに開講! こちらも早速レポートをお届けします!
    『イヤトレ超基礎講座』はAdvancedコースのイヤトレ本科同様 イヤートレーニングとフレーズライティングの訓練をするわけですが、 聴くにも書くにも、まず歌わないことには始まりません。 ということで、荒木講師が最初に書いたのがこちら!
    18-1
    歌うときに使う筋肉、まずは身体の仕組みを理解します。 そして今回の講座、なんと受講生にボーカリストの方が3名も! 教室の外にまで美声がもれそうです。 歌い方のレクチャーを受けたところで 早速、みんなで声を出してみましょう。
    18-2
    おっと、準備体操も忘れずに。
    18-3
    みんなで声を出して、ノドがすこし温まったところで とても大切な話に入ります。それが
    『Tendency Tone Pair』
    これは進行しやすい2音の組み合わせのこと。 荒木講師のガイド音に合わせて みんなで実際に歌ってみます。。。
    。。。これがやってみると意外と難しい。
    それでも続けるうちに、だんだんとみんなコツをつかんできました。 なんだかとても楽しそう。 私もみんなと一緒に大きな声で歌いました。(心の中で)
    『Tendency Tone Pair』は基礎となる、本当に重要な項目です。 毎日しっかり練習するよう、受講生のみんなに宿題が出されました。
    18-4
    続いてリズム譜のお話。 配布された資料に書かれたリズム譜を読んでいきます。 ポイントはしっかりメトロノームを鳴らすことです。 (今やスマホのアプリでメトロノームが。良い時代やな~) 最初はBPM80くらいから始めて、目標はBPM140! これも少しずつテンポを上げられるよう、 毎日のトレーニングが宿題となりました。
    こうしてスタートした『イヤトレ超基礎講座』。 次回以降がまた楽しみな講座ですね。 受講生のみなさんは、次回まで1週間、宿題がんばりましょう!!
    「秋冬の特別講座 "Weekend Workshop"」 参加者募集中!
    →http://www.jbg-ongakuin.com/?p=2773 18-5

    85 views

このブログを書いた人

  • product

    タカ兄(JBG音楽院ラーニングコーディネーター)

    大阪府出身。大阪芸術大学音楽学科卒、某楽器店販売員、脱サラバンドマンを経て、現職。JBG音楽院東京校と大阪校にて、標準語と関西弁を使い分けるバイリンガル。入学希望者への対応や日々の授業準備、講師陣の取りまとめから在校生のフォロー(たまに恋愛相談にも対応)までこなす、みんなの兄貴。自身がリーダーを務めていたバンド時代は、12歳から始めたドラムに加え、作詞作曲、プログラミングを担当。中学・高等学校音楽科教員免許所有。

 お勧めコンテンツ/リンク

ニュースレター登録

JBG音楽院で開催される「DTM作曲の特別セミナー」や「入学説明会の受付開始」など各種告知、お得な割引情報や優先受付のご案内、音楽トピックスなど耳寄り情報をお届けするニュースレターを配信いたします。
お名前と配信を希望するメールアドレスをご記入の上、「登録する」ボタンをクリックしてください。
mautic is open source marketing automation