DTMと作曲の学校:【世界標準の作曲法】【DTM/Mix/歌詞/Finale等も学習可】【学費月々3万円台〜】【東京校|大阪校】【週1講義】【社会人90%】【女性40%以上】

「演れるアレンジ」は「やれるアレンジ」と読みます。

177 views
  2015/07/01
  • 「演れるアレンジ」は「やれるアレンジ」と読みます。

    まいど!タカ兄です。


    今日はとても大切なお話をします。






    それは、






    10-1
    そうです!7月です!!もう世間は夏なんです!!!
    10-2
    海だ!
    10-3
    花火だ!
    10-4
    ワークショップだ!






    10-5
    ビールだ!
    10-6
    かき氷だ!
    10-7
    ワークショップだ!






    10-8
    高校野球だ!
    10-9
    24時間テレビだ!
    10-10
    ワークショップだ!


    前置きが長くなりました。 そうです、2015夏の"Weekend Workshop"です! 今日は【講座A】ブラス・アレンジ講座をご紹介します! 突然ですが、あなたは管楽器についてどれくらい知っていますか? 金管楽器、木管楽器、いろんな音域の楽器、種類もたくさんありますよね。 サックスが金管楽器だと思っていた人は、この時点で受講決定です。
    そして自分が知り得るすべての知識を活用して書き上げた管楽器アレンジ。 ところがそれを見た管楽器奏者に 「このフレーズ、吹けないよ……」 と言われてしまった。
    10-11
    これほど悲しいことはありません。
    管楽器は演奏の際に、当然のことながら息つぎを必要とします。 また楽器の構造上、フレーズによってはどうしても不可能なものというのが存在します。 これについて、荒木講師の解説動画をぜひご覧ください。



    こういったプレイヤー目線での知識や思考を理解しておくことが、「いいアレンジ、演れるアレンジ!」につながるんですね。
    授業では、管楽器の基本知識をしっかり身につけてから、実際の楽曲を解説していきます。 ワークでは、なんと既存の楽曲にブラス・アレンジを施すということにも挑戦しますよ!
    楽曲紹介など、詳細はこちらをご覧ください
    https://www.jbg-ongakuin.com/?p=4726


    夏に音楽を楽しく学べる"Weekend Workshop"。
    あなたのご参加をお待ちしております!


    177 views

このブログを書いた人

  • product

    タカ兄(JBG音楽院ラーニングコーディネーター)

    大阪府出身。大阪芸術大学音楽学科卒、某楽器店販売員、脱サラバンドマンを経て、現職。JBG音楽院東京校と大阪校にて、標準語と関西弁を使い分けるバイリンガル。入学希望者への対応や日々の授業準備、講師陣の取りまとめから在校生のフォロー(たまに恋愛相談にも対応)までこなす、みんなの兄貴。自身がリーダーを務めていたバンド時代は、12歳から始めたドラムに加え、作詞作曲、プログラミングを担当。中学・高等学校音楽科教員免許所有。

 お勧めコンテンツ/リンク

ニュースレター登録

JBG音楽院で開催される「DTM作曲の特別セミナー」や「入学説明会の受付開始」など各種告知、お得な割引情報や優先受付のご案内、音楽トピックスなど耳寄り情報をお届けするニュースレターを配信いたします。
お名前と配信を希望するメールアドレスをご記入の上、「登録する」ボタンをクリックしてください。
mautic is open source marketing automation