DTMと作曲の学校:【世界標準の作曲法】【DTM/Mix/歌詞/Finale等も学習可】【学費月々3万円台〜】【東京校|大阪校】【週1講義】【社会人90%】【女性40%以上】

【終了】Len講師セミナー「実践で学ぶ!思わずリスナーが口ずさむ作詞のコツ」

  • 【終了】Len講師セミナー「実践で学ぶ!思わずリスナーが口ずさむ作詞のコツ」

    3月6日(日)14:00-17:00開催
    Len講師セミナー

    「実践で学ぶ!思わずリスナーが口ずさむ作詞のコツ」


    picLen

    JBG音楽院の新講師《Len講師》の作詞セミナーが、ついに開催決定!

    シンガーソングライターとして活動する一方、作詞家として、多くのアーティストに詞を提供するLen講師が、「思わずリスナーが口ずさんでしまう詞」の書き方をレクチャーします。


    「作詞に挑戦してみたいけど、何から書けばいいのかわからない……」
    「ヒット曲のように歌いやすい歌詞が書けない……」
    「これは歌詞ではなくポエムだと言われた……」


    そんな悩みを抱えている方も、心をつかむ言葉(フレーズ)のセオリーメロディと詞を両立させるプロセスを理解できれば、もう挫折することはありません!


    今回のセミナーでは、Len講師制作のオケを題材に、参加者それぞれが実際の作詞に挑戦!

    あらかじめLen講師が作ったメロディに歌詞を付けるという作業を体験することで、セミナーという限られた時間の中でも、自分が書いた詞を実際の曲としてイメージすることができます。

    また、実践の時間では、Len講師が都度あなたの詞を添削し、直接アドバイスしてくれるので、作詞初心者の方も、苦手な方も、安心してご参加ください!

    あなたの詞を見たLen講師が、思わず口ずさみたくなるような、素敵な詞を一緒に書き上げましょう!


    lyrics-seminar_01


    <セミナープログラム>

    第1部:作詞の超セオリーと書き方のコツ

    まず前半は、作詞の方法について学びます。
    基本となるコンセプト設計や考え方、具体的なテクニックまで、初心者・経験者を問わず役立つ情報をお伝えしていきます!


    1.ターゲットと登場人物

    自分の曲を聴いてもらいたい「ターゲット」を決めること、そして「登場人物のキャラクター」をしっかりイメージすること。そこから作詞の作業がスタートします。
    なぜなら、これらによって表現する言葉が変わるからです。 どのようなシチュエーションで、どのような言葉を使うべきか、そのコツをお教えします。


    2.歌詞の時代感

    「詞を書いたものの、なんかダサい……」
    作詞をしたことがある方なら、きっと誰もが経験することでしょう。
    たとえば、「桜が舞い散る」「翼を広げて」「見上げた夜空」などなど、名曲の歌詞の一部ですが、今の時代にはあまりマッチしません。つまり、「古さ」がダサさを感じさせるのです。
    しかし、ほんのひと捻りの工夫で、そこから脱却できる方法があります。そんなテクニックをレクチャーします。


    3.キャッチーな歌詞、ポップな歌詞

    「キャッチー」「ポップ」と聞くと、メロディやアレンジのことを想像するかもしれません。でも、じつは歌詞にもそのような考え方が存在するのです。
    直訳すると「キャッチー=理解しやすい」「ポップ=人気がある」ですが、ポイントは「自分基準での判断をしない」ということです。この考え方についてより詳しく解説します。


    4.素人っぽさから抜け出せるテクニック

    フレーズの最後が常に用言(動詞)で終わってしまったり、英語のフレーズは全て私を表す「I」から始まってしまうなど、初心者が陥りやすいミスというものがあります。
    しかしそれを回避できるテクニックがいくつも存在します。今回のセミナーでは、とくに使用頻度が高いテクニックと、その効果について説明します。


    5.ヒット曲に学ぶ「グッとくる」心情表現

    ヒット曲の歌詞に共通しているのは、「スマートでムダがない」ことです。
    ムダな言葉の「効果的な削り方」と、伝えるべき言葉の「強調の仕方」をしっかりマスターしましょう!


    6.メロディとコトバの関係「歌ノリ」を意識しよう

    リリック(歌詞)とポエムとの一番の違いは、メロディの存在です。
    どんなに素敵な言葉や表現であっても、メロディとマッチしていなければ、それは「良い詞」とは言えません。
    語感による違いや、強さを伝えられる濁音の力、ビブラートしやすい音、和メロと洋メロの違いなど、これを知れば、あなたの詞が劇的に変わります!



    第2部:思わず口ずさみたくなる作詞実践!

    作詞のコツを学ぶだけでは、力はつきません。セミナー後半で、早速いっしょに実践してみましょう!

    今回は特別に、Len講師制作のオケを使用するので、楽曲の完成をイメージしながら詞を書くことができます。

    lyrics-seminar_02

    第1部で学んだ内容を意識しながら、リスナーが思わず口ずさみたくなる詞を目指してください。

    もちろん、いきなり上手く書けなくても大丈夫。Len講師が都度、丁寧にアドバイスしてくれますので、いっしょに楽しく書き上げましょう!




    ◆Len講師からのメッセージ

    picLen

    作曲同様、作詞にもテクニックが存在します。楽曲の世界観に合わせて選択すべき言葉、逆に使うべきではない言葉。

    みなさんには、まず心構えとなるような、作詞のセオリーをお伝えしたいと思います。

    また、ポエムではなく「歌詞」を書きたいのであれば、ただの字数合わせではいけません。それには、メロディにハマる言葉を探してあげる必要があります。

    では、どのようにすればメロディに歌詞をうまく乗せられるのでしょうか?

    今回は特別にデモ音源を使用しながら、メロディの区切り方、インパクトを出すコツ、ボーカリストがちゃんと歌える歌詞を書く方法をお教えします。

    実践ありのセミナーなので、作詞の参考書を読むだけでは、なかなか学べないような作詞を体験できます。

    初めての方でも、もちろん大丈夫!作詞の第一歩となるようなチャンスを一緒につかみましょう!



    ◆こんな人にオススメ!

    ・作詞に挑戦してみたいけど、まったく書き方がわからない
    ・伝えたいことがあるのに、ペンが思うように進まない
    ・ボキャブラリーが少なく、いつも作詞に時間がかかる
    ・短時間でも詞が書き上げられるコツを知りたい
    ・歌詞らしい言葉が思い浮かばない
    ・メロディと言葉がうまくハマらない
    ・言葉の響きで伝わり方がどう変わるのかを知りたい
    ・「これは歌詞ではなくポエムだ」と言われたことがある
    ・歌詞のクオリティを高める、日々のトレーニング方法を知りたい


    ◆持ち物

    当日の持ち物は筆記用具のみご持参ください。



    ◆セミナー当日までの流れ

    [1]募集締切:2月29日(月)
    [2]受講料納付期日:3月3日(木)15時まで
    [3]セミナー当日:3月6日(日)14時より


    ★先着10名様のみ1,000円オフ!

    本セミナーにお申込みの先着10名様は、通常受講料7,000円(税抜)のところ、1,000円オフの「6,000円(税抜)」となります!
    お申込みはお早めに!

 お勧めコンテンツ/リンク

ニュースレター登録

JBG音楽院で開催される「DTM作曲の特別セミナー」や「入学説明会の受付開始」など各種告知、お得な割引情報や優先受付のご案内、音楽トピックスなど耳寄り情報をお届けするニュースレターを配信いたします。
お名前と配信を希望するメールアドレスをご記入の上、「登録する」ボタンをクリックしてください。
mautic is open source marketing automation